採用情報

先輩社員の声に戻る

先輩社員の声

竹田廣行

◆Takeda Hiroyuki/1988年入社
スローオペレーター担当
◆東京写真専門学校
 (現:東京ビジュアルアーツ専門学校)卒業

1.現在の仕事内容は?
主に、スポーツ中継のスローオペレート業務を約25年間担当しています。

2.仕事のやりがいやワクワク感を感じるのはどのような時ですか?

生放送で今、観ていた映像や、別の角度、アングルからの映像などをスローモーションで、再び視聴者に分かりやすく、お観せできる所にやりがいを感じます。

3.仕事の苦労話、失敗談、教えてください!

今ではスローオペレートの機材は、ハードディスクで収録して再生する事が出来る様になり、映像を再生していても、その裏で録画をする事が出来ますが、以前はビデオテープに収録して、それを巻き戻しから再生していたので、再生中は録画が出来ず良いシーンを収録し損ねる事がありました。いいシーンを残しながら、素早く 収録を開始する事がとても大変でとても苦労しました。

4.これからやりたい、やってみたい仕事は何ですか?

国内では全国各地に行きスローモーション業務に携わり、イギリス、ロシアでの海外でも行っていますが、サッカーではワールドカップ、オリンピックのスローモーション業務を世界の方々へお見せ出来ればと思います。

5.就活生へのメッセージ、アドバイスをお願いします!

普段何気なく観ているスポーツには必ずと言っていいほどスロー映像は出てきます、何気ない映像ですが無いとつまらないのがスロー映像ですので携わってみませんか?

6.仕事のときに欠かせない「必須アイテム」は何ですか?

映像を再生時にコントロールする機材(EVS社製LSM)です。  世界標準のベルギー製の機械です。(ベルギーはチョコレートやワッフルだけでは有りません…。)この機材の操作を覚えると世界各地で使えるようになります。