採用情報

先輩社員の声に戻る

先輩社員の声

大川 智孝

Okawa Tomotaka/2000年入社
運行・送出担当
明星大学卒業


1.現在の仕事内容は
放送局内での運行・送出業務。具体的には、マスターから送出される放送の監視業務をしています。
放送設備に障害が発生した場合は放送の確保のため、システム系統切替など必要な対応を実施します。

2.仕事のやりがいやワクワク感を感じるのはどのような時ですか?

放送設備の整備・更新時には、メーカーとの打合せや放送終了後に実施する工事立会いなど、運行業務以外の仕事も担当します。納入機器の仕様や工事の作業手順の確認など、業務も忙しくなり、残業が多くなりますが、工事終了後、放送が無事に始まったときに、何とも言えない「やりきった感」があります

3.仕事の苦労話、失敗談、教えてください!

日常の運行・送出業務は、多くの人が携わるため、全ての業務についてマニュアルを作成します。
設備担当者がいない時も運行・送出業務が円滑に進むように、多くのマニュアルを作成する必要があります。

4.これからやりたい、やってみたい仕事は何ですか?

将来テレビは、今まで以上に、いろいろなサービスや機能が付加されてより便利になると思います。そのような、これから始まる新しい技術にも関わっていきたいと思います。

5.就活生へのメッセージ、アドバイスをお願いします!

若者のテレビ離れが進んでいると騒がれていますが、そのなか放送業界を目指す就活生のみなさんには、ぜひ今後の放送業界を盛り上げる「救世主」になってほしいと思います。

6.仕事のときに欠かせない「必須アイテム」は何ですか?

「システム系統図」
放送設備に障害が発生した時は、多くの機器の中から障害箇所をすばやく判断し予備系への切替など、適切に対応する上でシステム系統図の存在は欠かせません