・本社 03-3215-2741 ・編集センター(渋谷)03-5457-2131

採用情報

先輩社員の声に戻る

先輩社員の声

棚町 雄馬

◆Yuuma Tanamachi/2012年入社
◆ニュースセンター担当
日本工学院専門学校 蒲田校 卒業

現在の仕事内容は?
放送局内にある、ニュースセンター(以下「NC」)の報道番組に携わっており、カメラ・スイッチャーを担当しています。政策発令に伴う臨時番組や、会見などの緊急報道、地震や災害、事件、事故など365日24時間体制の緊迫した状況下で生放送を送出しています。 緊急時の特殊な業務として、的確な情報を迅速に視聴者に提供するため、全国各地に約250ヶ所設置しているロボットカメラをリモート操作でロケクルーが現場に到着するよりも前に撮影したり、要人等を乗せた飛行機や車などもフォローします。また、照明やVEなどの業務の兼務もあり、マルチスキルと経験、知識が求められるNCで千代田ビデオの技術者として日々業務に邁進しています。

仕事のやりがいやワクワク感を感じるのはどのような時ですか? 

NCの放送機器は常に電源ON、毎日休むことなくフル稼働です。そのため生放送中に機器障害を切り分けることは多々あり、適切な判断による電波確保、安定送出で無事乗り越えた時や、ディレクターが持ち込む、まとまっていない企画、構想をより良い番組にするために自分なりに意向をまとめ、その趣旨に沿って先読みでカメラワークすると「なんでわかったんですか⁉」とか、本番直前まで演出内容が決まらないディレクターが「もう棚町さん任せた!!」とか言われるとなんか嬉しかったりします。また、スイッチャー卓のオリジナル仕込みでディレクターが気に入ってくれた時や、演者さんに「ありがとうございました。」と言われるのは更に嬉しいです。

仕事の苦労話、失敗談があれば教えてください!

大きな地震や災害が発生するとオンスケ通りには進まず、その時プログラムされていた番組情報を変更し、番組を切り替えて関連情報を送出します。そのため終わり時間が見えない長時間の放送は、心身共に過酷です。また、地震があると即座にニュースを放送するので、休日の夜間でも地震があると軍隊のように飛び起きたりします(笑)

これからやりたい、やってみたい仕事は何ですか?

普段は報道番組を放送している報道フロアなので、あまり機会は多くないですが音楽ものと、バラエティー要素のある、情報番組の特番などをやってみたいです。

就活生へのメッセージ、アドバイスをお願いします!

早く内定をもらいたい!やりたいことが見つからない!!など不安や焦りを感じている就活生の方々も多いと思います。私もそうでしたが、本当にやりたいことは意外と身近にあります。そして、このテレビ業界に少しでも憧れや興味を持った方!特別な知識は要りません。当社に入社したら、先輩社員が丁寧に教えますので、ご安心ください。                     
まずは踏み出すその一歩から!

仕事のときに欠かせない「必須アイテム」は何ですか?

『アルコールシートとダーマトグラフペン』
コロナ渦になってから不特定多数が触れる機材は、必ず消毒をしています。ミニサイズも持ち歩いています。もう一つはダーマトグラフ。通称デルマ。これが優秀でガラスや金属、プラスチックにも描くことの出来る特殊な油性の芯で、台本やバミリ、ビューファインダー、色々な場面で活躍し、重宝しています。